その他外貨預金情報 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

その他外貨預金情報 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の広告規制

2007年9月より金融商品取引法が施行されます。

外貨預金などの金融商品の広告規制が盛り込まれ、消費者が負うリスクやコストが現在よりも大きな字で具体的に表示されるようになります。

外貨預金広告規制ですと、例えば、

広告規制前の文言 「円貨を外貨に交換する際と、外貨を円貨に交換する際の為替レートは異なり、それぞれ銀行が定めるレートが適用されます。」

広告規制後の文言 「取引には為替手数料がかかります。為替レートに変動がない場合でも、為替手数料(1米ドル当たり往復で2円)がかかるため、円に換える際、元本割れする場合があります。」

と、なります。

金融商品(外貨預金などの)について、リスクが存在するということを、消費者へはっきりと名言する形になりました。

しかし、外貨預金などのリスクのあるものですが、同時にリターンも十分に見込める商品ということは確かです。

外貨預金はやり方さえうまくいけば、広告規制にあるようなリスクは避けられ、上手に運用していきたいものです。

外貨預金は福岡銀行で

外貨預金の扱いをしている福岡銀行

外貨預金とは、外貨で預金する商品で、福岡銀行では、米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、イギリスポンドなど複数の通貨から選択することができます。

預金の種類も、外貨普通預金、スーパー外貨定期預金、為替特約付外貨定期預金の三種類のライナップが福岡銀行にはあります。

外貨預金選びのポイントとして、期間の検討、通貨の選択、取引金額の決定など挙げられています。

福岡銀行に限らず、外貨預金の場合、入金出金の際に、手数料がかかります。そのときの為替相場、外貨の種類によって変わります。

外貨預金福岡銀行でお考えの方は、福岡銀行の本・支店、出張所で申し込めます。必要な書類は印鑑と本人確認資料となっています。

外貨預金には、為替変動がリスクがあります。外国為替相場の動向等によって払戻し時の円貨額が元本割れの危険性があります。

なお、外貨預金は、預金保険の対象外です。

法人税の外貨預金の為替差益の扱いについて

法人税で、外貨預金は源泉分離課税はありませんが、やはり通常の預貯金の利子と同様に15%の所得税と5%の地方税の源泉徴収が行われます。

それぞれ法人税の所得税額控除、住民税の法人税割の控除の対象となります。

利子収入の換算レートは、原則として取引日の電信売買相場の仲値(TTM)によります。ただし継続適用を条件として、その計上する日の電信買相場(TTB)によることができます。

外貨預金の換算方法については、発生時換算法または期末時換算法によります。

法人税で、外貨預金の購入と同時に、外貨為替先物予約を締結することにより、解約時における元本および利息を円貨ベースで確定させておく外貨預金の元本部分の為替差益についても、利子の部分と同様に15%の所得税と5%の地方税の源泉分離課税となり、為替差益、差損とも営業外損益として法人税確定申告に含まれます。

それ以外の為替差益の場合には、為替差益の所得区分は雑所得となります。

この場合、外貨預金の預け入れや解約の際に生ずる手数料は必要経費となりませんので注意が必要です。

また為替差損が発生した場合には、他の雑所得の金額との通算はできますが、通算してもなお引ききれない損失の金額は、給与所得など他の所得と損益通算をすることはできません。

個人の場合は、法人税と少し税金の仕組みは違いますが、為替差益の部分は雑所得として、確定申告が必要になります。

FXで外貨預金の362倍パワー!投資テクニックについて

FXで外貨預金の362倍パワー!投資テクニック』をご紹介します。

自信を持って、『FXで外貨預金の362倍パワー!投資テクニック』を使い、ミスターFXによる月利20%も可能となる投資手法を用いて、継続的に利益を出し続けております、とレポートにあります。

FXで外貨預金の362倍パワー!投資テクニック』のサイトでは、投資スタイル、分析手法などが書かれています。

FXで外貨預金の362倍パワー!投資テクニック』は、FX外国為替証拠金取引投資ノウハウ研究会による、元外資系とレーダー・ミスターFXの外資ノウハウがぎっしりと詰まった商材となっています。

実践者の声などもご参考にしてみてください。

さて、『FXで外貨預金の362倍パワー!投資テクニック』の気になるお値段ですが、期間限定で59800円で、通常価格は99800円となっていますが、高いか安いかは判断しかねます。いかかでしょうか?
耀