その他外貨預金情報 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

その他外貨預金情報 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金、円高の時にすべきこと

外貨預金にとって、円高になるとどういう影響があるのでしょうか?

円高になるということは、為替レートが1米ドル110円から100円に動いた場合、さっきまで1米ドルは110円を支払わないと買えませんでしたが、今では100円払えば買えるということで、ドルの価値が安くなって、円の価値が高くなったということです。

例えば、上記の為替レート時に100米ドル(110000円)の外貨預金を運用後、円に戻すというときに、円高で110円から100円に動いていますから、同じ100米ドルでも円に換算すると100000円になってしまい、10000円の損が出たということになります。

ですから、外貨預金の場合、払戻しのときには円高の時を回避しなければ、損が出てしまうというものです。

しかし、預入のときに、円高というときですと、反対に払戻しのときに円安となっていたら、為替差益という形で、利益を出すことができます。

外貨預金のタイミングで随分と受取れる額が変わるということです。

円高は、外貨預金の預入のときで、払戻しのときではないということです。

郵便局で外貨預金を

2007年10月日に誕生した日本郵政グループ。民営化されることで今後は投資信託や外貨預金など、商品ラインナップが充実します。

これまでは両替サービスのみだった郵便局ですが、2008年半ばをめどに外貨預金もスタートする予定です。

郵便局は、すでに始まっている投資信託の取り扱いと併せて、今後は外貨投資の窓口のとしての役割も果たしてくれそうです。

ネットで、外貨商品もできる時代ですから、今更郵便局?という感じもしますが、地方などでは、大手の銀行が存在なく、窓口での外貨預金などの相談ができないという状態にあります。

郵便局なら日本全国津々浦々どこにでもありますから、窓口での対応ができるということです。

外貨預金が、気軽に郵便局でできれば、今まで外貨預金を知られていなかった層にも広がりを見せると思います。

規模が大きな郵便局での外貨預金の扱いが始まるのが楽しみです。

外貨預金の経理のこと

外貨預金経理についてですが、外貨預金の換算法は、発生時、期末時の換算法によります。

換算方法の選定はも短期外貨預金は期末換算法、そのほかは発生時換算法で経理処理をします。
しかし、先物外国為替契約などによって外貨預金の円換算額を確定させた場合、その先物外国為替契約などの締結の日においてその旨およびその明細などを帳簿書類に記載したときは、その契約などによる為替相場により円換算する経理処理となります。

例えば1ドル106円の先物為替予約を付した外貨預金100,000ドルを設定し、その設定時の為替レートが1ドル105円であった場合で、発生時換算法を選択しているケースでは、期末時に計上する外貨預金の額は先物為替予約を付しているので、

   106円×100,000ドル=10,600,000円

となります。

また為替差額の100,000円(106円×10万ドル−105円×10万ドル)については、先物外国為替契約の締結の日から、決済の日までの期間の日数のうち当期にかかる部分について為替差益の経理処理をすることになりますが、短期外貨預金の場合には、当期に全額を為替差益として経理処理することができます。

外貨預金の会計処理について

外貨預金会計処理は、決算時の為替相場による円換算額にします。

ただし、外貨建自社発行社債のうち転換請求期間満了前の転換社債(転換請求の可能性がないと認められるものを除く。)については、発行時の為替相場による円換算額にします。

外貨預金について償却原価法を適用する場合における償却額は、外国通貨による償却額を期中平均相場により円換算した額によります。

外貨預金の決算時における換算によって生じた換算差額は、原則として、当期の為替差損益として会計処理する。

ただし、外貨預金の時価の著しい下落又は実質価額の著しい低下により、決算時の為替相場による換算を行ったことによって生じた換算差額は、当期の外貨預金の評価損として会計処理します。

また、金融商品に係る会計基準による時価評価に係る評価差額に含まれる換算差額については、原則として、当該評価差額に関する会計処理方法に従うものとします。

海外口座で外貨預金を。

日本に居ながらにして、外貨預金海外口座を開くことができます。

もし外貨預金を日本での海外口座と日本の銀行口座にそれぞれ10000ポンドずつ預けて年利が5%の利息がつくとします。そして、一年後

海外口座 10000×5%=500ポンド
日本口座 10000×5%×80%=400ポンド

この100ポンドの違いは税金です。
日本では、外貨預金に限らず、預金の利息のうち2割は税金として自動的に徴収されてしまいます。

また、海外口座と日本の口座から同じ外貨を引きだそうとするとき、海外口座からですと、そのまま現金を出せますが、日本の口座ですと、日本円で引出し、それを外貨に交換するという2回も手数料がかかってしまいます。

日本にいて外貨預金が手軽に作れるのはいいのですが、手数料のことは避けられません。どうしても外貨預金と考えるなら、海外口座の方がぐっとお得なります。

日本の銀行でも、海外口座による外貨預金もできますので、検討してみた方がいいかもしれません。

外貨預金で稼ぐ

外貨預金とは、その名のとおり外貨で預金をすることです。

外貨預金で稼ぐとは、どういうことでしょうか?

円預金と違って、預金+利息だけではない、別の+αの存在が外貨預金にはあります。

まずは、第一の外貨預金で稼ぐ

高金利の外貨預金を探すことです。しかし、闇雲に高いもの狙いですと、相手は為替相場。チャートを見て、このまま高金利の波が来ていることをお確かめください。

第二の外貨預金で稼ぐ

手数料をおさえる。これは稼ぐというのとは意味合いが変わりますが、外貨預金には絶対に手数料がかかります。これを少なく、できればキャンペーンなどを利用し、安い手数料のものを選びます。

第三の外貨預金で稼ぐ

これが、最大の魅力のである為替差益狙いです。預入のときに円高で、払戻しで円安という絶好の機会を伺い、まるまる差益を頂くという形にできるといいのですが。

この三点をうまく駆使できれば、本当に外貨預金のおいしいとこ取りで、外貨預金で稼ぐことができますよ。

ただ、為替差損があります。これは、為替差益の反対で、丸々損益ということです。ご注意を。

外貨預金の会計処理

外貨預金会計処理についてですが、外貨預金の換算法は、発生時、期末時の換算法によります。

換算方法の選定はも短期外貨預金は期末換算法、そのほかは発生時換算法で会計処理をします。
しかし、先物外国為替契約などによって外貨預金の円換算額を確定させた場合、その先物外国為替契約などの締結の日においてその旨およびその明細などを帳簿書類に記載したときは、その契約などによる為替相場により円換算する会計処理となります。

例えば1ドル106円の先物為替予約を付した外貨預金100,000ドルを設定し、その設定時の為替レートが1ドル105円であった場合で、発生時換算法を選択しているケースでは、期末時に計上する外貨預金の額は先物為替予約を付しているので、

   106円×100,000ドル=10,600,000円

となります。

また為替差額の100,000円(106円×10万ドル−105円×10万ドル)については、先物外国為替契約の締結の日から、決済の日までの期間の日数のうち当期にかかる部分について為替差益の会計処理をすることになりますが、短期外貨預金の場合には、当期に全額を為替差益として会計処理することができます。

外貨預金の2ちゃんねるでの情報

外貨預金は、円を金利の高い外貨に換えて預金をするもので、外貨投資商品として、銀行などで取り扱われています。

毎日変わる為替相場を読み、円高で預入、円安で払い戻すという形になると、高金利と為替差益が得られるというのが外貨預金の魅力でもあります。

どんな外貨預金がいいのか、また、情報を収集するのには、あちこちのサイトでも紹介されていますけれど、2ちゃんねるという情報の場もあります。

サイトの情報は、特に銀行などですと、その日のレートや外貨商品の説明だけだったりしますが、2ちゃんねるなど個人のページですと、感想や本音が聞けるのがいいところです。

2ちゃんねるの情報の真偽は自己判断ということになりますが、かなり有力な確かなものも含まれているようです。

自分では書き込みはしなくても、人の外貨預金のやり方やコツなどを見るのにも、2ちゃんねるの利用はいかがでしょうか。

外貨預金を行っているというブログ等は他の外貨商品と比較しても少ないような感じも受けます。
ですので、生の声を聞くということでも2ちゃんねるをのぞいてみては?

予約付外貨預金とは?

予約付外貨預金とは、外貨定期預金に特約付為替予約付とすることで、円高による元本割れのリスクを軽減しつつ、円での安定利回りを目指す点をセールスポイントにした商品です。

予約付外貨預金のしくみはこうです。

予約付外貨預金は、当初預け入れた時点の為替レートから一定の円高水準までは円建ての元本が保証されます。つまり、満期時には預け入れた時点での為替レートで換算した円での元本と利息を得ることができます。

しかし、この一定の水準の為替レート(ノックアウトレート)を超えて円高になると、外貨で満期を迎えます。この点は、通常の外貨預金と変わらずに為替差損が生じます。

以上のように一定の水準の為替レート(ノックアウトレート)までは為替による為替差損を回避できるのですが、逆に、円安になっても為替差益が得られないというリスクがあります。

米ドルの場合で具体例として

当初預入時点のTTM(為替レート) 120円
ノックアウトレート         115円
預入金額      10万ドル(1200万円)
適用金利   4%   3ヶ月満期

1.判定日(満期日の2営業日前の午後3時)のTTMが114円の場合

満期時は円建てで1200万円の利息と税引き後9万6000円の利息を受取れます。

2・判定日のTTMが115円以下の場合

満期時に10万ドルと800ドルの利息をドル建てで受け取ります。
つまり、この場合、リスクは無限定になります。

予約付外貨預金の場合は以上のような商品特性を十分に理解することが大切です。

為替相場による為替差益が得られないというリスクを有するのが予約付外貨預金です。

外貨預金の為替レートについて

為替レートとは、外貨との交換比率のことを言います。

外貨で預ける外貨預金は、この為替レートが一番重要なキーポイントとなります。

例えば、10000円を米ドルに換金して外貨預金として預けるとします。

本日の為替レートは、1米ドル100円としますと、100米ドルです。

そして、払戻しのときに、為替レートが、1米ドル105円になっていたとしますと払戻し額が105米ドルになります。

しかし、払戻しのときに、為替レートが、1米ドル90円になっていたとしますと払戻し額が90米ドルになります。

要するに、為替相場の動向によっては、外貨預金をしている間に、為替レートによって、利益になるか損になるかということになります。

このほかに円預金により高い金利が外貨預金にはありますが、為替差益を期待しての外貨預金という要素もある以上、利益は欲しいですね。

ですから、外貨預金の預入、払い戻しのタイミングをつかむことが大事になります。

外貨預金のキャンペーンについて

これだけお得ですよ〜、というキャンペーン

本当にそうなのか検証すべき点はありますが、キャンペーンをする側としたら、顧客増加のためのサービスです。利用すべきところは利用しましょう。

外貨預金キャンペーンといえば、手数料が無料ということか、金利にプラスαがあるという感じのことですね。

外貨預金に必ず不可欠な手数料。これが少しでも安くなればとお考えの方も多いと思いますが、WEB上や広告などで、手数料関係のキャンペーンは多いですね。

外貨預金の申込は無料のところが多いので、キャンペーン中に手数料がかからないうちに利益だけ頂くという手もありますね。

キャンペーンなど、消費する側にお得な情報で、肝心な部分は小さく表記している場合があるので、おいしいキャンペーンにのっかるときは、よくよく注意をなさってください。

期間限定という場合が多いので、外貨定期預金などをなさる場合も、注意が必要ですね。

外貨預金は円高で預け、円安で払戻しが一番いい形。手数料が無料というキャンペーン中に行えたら、まるまるもうけとなります。

こういうのはうれしいですね。

三井住友の外貨預金

三井住友銀行では、様々な外貨預金を扱っています。

出入れ自由な外貨普通預金から金利が高くなる定期預金まで、いずれもネットバンキングでできる手軽さもあります。

三井住友外貨預金は、6種類の通貨から選べる普通預金や定期預金のほかに、新型通知預金《Can》があります。

この外貨預金は、期間の定めのない外貨預金で、据置期間は、預入日からその1ヶ月後応当日の前々日です。その後は払戻しが自由になっています。

1口50万円相当額以上からの申込となり、扱われる通貨は米ドルとユーロです。

外貨定期預金は、満期日まで、払い戻しはききませんが、この外貨預金ですと、一ヵ月後には自由に引き出せるという普通預金のような融通がききます。

それでいて、普通預金よりも金利は高いのが三井住友の新型通知預金《Can》です。

三井住友外貨預金はインターネットやモバイル対応で、気軽にできるところもいいですね。

外貨預金には、円預金にはない手数料があります。三井住友外貨預金をお考えの方も手数料や為替の動向によっては、元本割れのあるというリスクを頭に入れつつ、外貨預金をご検討ください。

外貨預金の経理処理

外貨預金経理処理についてですが、外貨預金の換算法は、発生時、期末時の換算法によります。

換算方法の選定はも短期外貨預金は期末換算法、そのほかは発生時換算法で経理処理をします。
しかし、先物外国為替契約などによって外貨預金の円換算額を確定させた場合、その先物外国為替契約などの締結の日においてその旨およびその明細などを帳簿書類に記載したときは、その契約などによる為替相場により円換算する経理処理となります。

例えば1ドル106円の先物為替予約を付した外貨預金100,000ドルを設定し、その設定時の為替レートが1ドル105円であった場合で、発生時換算法を選択しているケースでは、期末時に計上する外貨預金の額は先物為替予約を付しているので、

   106円×100,000ドル=10,600,000円

となります。

また為替差額の100,000円(106円×10万ドル−105円×10万ドル)については、先物外国為替契約の締結の日から、決済の日までの期間の日数のうち当期にかかる部分について為替差益の経理処理をすることになりますが、短期外貨預金の場合には、当期に全額を為替差益として経理処理することができます。

外貨預金の税務について

外貨預金など外貨建て項目のうち、期末時換算法によることとされているものについては、決算時の為替相場で換算替することが必要となります。

外貨建て通貨、外貨預金および外貨建て金銭債権債務の期末の会計処理及び税務上の取り扱いの説明です。

外貨預金及び外貨建て金銭債権債務について、税務上の換算方法として発生時換算法を採用した場合、会計上の評価と税務上の評価が異なることとなり、申告調整が必要となるので注意が必要です。

外貨預金の短期の場合の税務処理は期末時換算法または発生時換算法、長期の場合の税務処理は発生時換算法または期末時換算法になります。

外貨預金の会計上、時価のあるその他の有価証券を部分資本直入法によって処理した場合は、評価差損が費用計上され、発生時換算法によるべきこととされている税務との間にかい離が生じるため、申告調整が必要となります。

外貨預金の仕方

外貨で預金をする外貨預金
円預金よりも高い金利で預金ができ、為替相場の動向によっては、金利のほかに為替差益も手にすることができる預金です。

国内大手の銀行なら、外貨預金を扱っていますが、外貨預金仕方について説明します。

円預金のように、現金を用意し、通帳を作るという仕方になります。

まずは、いくら、どこの通貨で、どのくらい外貨預金をするかによります。

銀行によっては、取扱う通貨の種類が多く、円預金にはない手数料もかかりますから、このあたりから円預金の仕方と多少変わってきます。

まず目がいくのは、金利の高さでしょう。ものによっては、5%以上のものあり、魅力的な外貨預金仕方の説明を受けることになります。

WEB上でできる外貨預金も多いですから、そのあたりはサイトの説明をよく理解することが第一になります。

円から外貨に交換する際にも、預金引出し、外貨から円に交換する際にも手数料がかかる外貨預金です。

そのリスクの部分と通貨によっての金利の違いを見比べ、通貨が決まれば、預入金額を決定し、預金完了です。

外貨預金のメリットを生かす仕方で始めるには、リスク管理が必要なります。

三井住友の外貨預金とは?

三井住友銀行では、様々な外貨預金を扱っています。

出入れ自由な外貨普通預金から金利が高くなる定期預金まで、いずれもネットバンキングでできる手軽さもあります。

三井住友外貨預金は、6種類の通貨から選べる普通預金や定期預金のほかに、新型通知預金《Can》があります。

この外貨預金は、期間の定めのない外貨預金で、据置期間は、預入日からその1ヶ月後応当日の前々日です。その後は払戻しが自由になっています。

1口50万円相当額以上からの申込となり、扱われる通貨は米ドルとユーロです。

外貨定期預金は、満期日まで、払い戻しはききませんが、この外貨預金ですと、一ヵ月後には自由に引き出せるという普通預金のような融通がききます。

それでいて、普通預金よりも金利は高いのが三井住友の新型通知預金《Can》です。

三井住友外貨預金はインターネットやモバイル対応で、気軽にできるところもいいですね。

外貨預金には、円預金にはない手数料があります。三井住友外貨預金をお考えの方も手数料や為替の動向によっては、元本割れのあるというリスクを頭に入れつつ、外貨預金をご検討ください。

外貨預金の経理処理について

外貨預金経理処理についてですが、外貨預金の換算法は、発生時、期末時の換算法によります。

換算方法の選定はも短期外貨預金は期末換算法、そのほかは発生時換算法で経理処理をします。
しかし、先物外国為替契約などによって外貨預金の円換算額を確定させた場合、その先物外国為替契約などの締結の日においてその旨およびその明細などを帳簿書類に記載したときは、その契約などによる為替相場により円換算する経理処理となります。

例えば1ドル106円の先物為替予約を付した外貨預金100,000ドルを設定し、その設定時の為替レートが1ドル105円であった場合で、発生時換算法を選択しているケースでは、期末時に計上する外貨預金の額は先物為替予約を付しているので、

   106円×100,000ドル=10,600,000円

となります。

また為替差額の100,000円(106円×10万ドル−105円×10万ドル)については、先物外国為替契約の締結の日から、決済の日までの期間の日数のうち当期にかかる部分について為替差益の経理処理をすることになりますが、短期外貨預金の場合には、当期に全額を為替差益として経理処理することができます。

外貨預金の税務上の取扱について

外貨建て項目のうち、期末時換算法によることとされているものについては、決算時の為替相場で換算替することが必要となります。

外貨建て通貨、外貨預金および外貨建て金銭債権債務の期末の会計処理及び税務上の取り扱いの説明です。

外貨預金及び外貨建て金銭債権債務について、税務上の換算方法として発生時換算法を採用した場合、会計上の評価と税務上の評価が異なることとなり、申告調整が必要となるので注意が必要です。

外貨預金の短期の場合の税務処理は期末時換算法または発生時換算法、長期の場合の税務処理は発生時換算法または期末時換算法になります。

会計上、時価のあるその他の有価証券を部分資本直入法によって処理した場合は、評価差損が費用計上され、発生時換算法によるべきこととされている税務との間にかい離が生じるため、申告調整が必要となります。

外貨預金の仕方

外貨で預金をする外貨預金
円預金よりも高い金利で預金ができ、為替相場の動向によっては、金利のほかに為替差益も手にすることができる預金です。

国内大手の銀行なら、外貨預金を扱っていますが、その仕方について説明します。

円預金のように、現金を用意し、通帳を作るという仕方になります。

まずは、いくら、どこの通貨で、どのくらい外貨預金をするかによります。

銀行によっては、取扱う通貨の種類が多く、円預金にはない手数料もかかりますから、このあたりから円預金の仕方と多少変わってきます。

まず目がいくのは、金利の高さでしょう。ものによっては、5%以上のものあり、魅力的な外貨預金仕方の説明を受けることになります。

WEB上でできる外貨預金も多いですから、そのあたりはサイトの説明をよく理解することが第一になります。

円から外貨に交換する際にも、預金引出し、外貨から円に交換する際にも手数料がかかる外貨預金です。

そのリスクの部分と通貨によっての金利の違いを見比べ、通貨が決まれば、預入金額を決定し、預金完了です。

外貨預金のメリットを生かす仕方で始めるには、リスク管理が必要なります。

三井住友銀行で外貨預金を

三井住友銀行外貨預金について調べてみました。

外貨預金とは、円を外貨にかえて、外国のお金で運用する預金のことです。

三井住友銀行外貨預金は、パーソナル外貨定期預金、新型通知外貨預金、プレミアム円定期預金、ハイクーポン、外貨普通預金となっています。

この中で、一番分かりやすい外貨普通預金でしょうか。

1通貨以上で、米ドル、ユーロなど6種類の通貨から選択ができ、リアルタイム為替レートも適用になります。

外貨預金にかかる手数料の為替手数料は、1円〜2円台で一般的な数字です。
利率の変動金利となりますので、毎日チェックが必要となります。

三井住友銀行の外貨定期預金は10万円から始められます。やはり6種類の通貨から選ぶことができ、ネットやモバイルからならいつでも取引可能とになります。

プレミアム円定期預金は、満期時に円高なら、米ドルかユーロでA転換されるというものです。

新型外貨通知預金は、50万円からのものになっており、米ドルかユーロの通貨に限られています。

ハイクーポーンに関しては、3ヶ月間の運用で、外貨定期預金に条件付為替予約が付加された仕組み預金となります。定期預金よりは金利は高いですが、円安になったときのリスクは免れないというものです。

三井住友銀行外貨預金は、さまざまな商品がありますが、どれも為替差損などのリスクや手数料もかかります。

ハイリスクですが、ハイリターンも期待できる外貨預金、三井住友銀行で始めてみませんか?
耀