外貨預金のデメリット 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金のデメリット 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の為替リスクについて

外貨預金の魅力は、金利の高さと為替差益にあります。

為替相場は毎日動いていますので、差益が差損となり、為替リスクを背負うこともあります。

うまく為替リスクを避けるための外貨預金のコツはというと、円高で預入れ、円安で引出しということになります。

外貨預金を始めようと思ったら、まずは為替相場動向を知ることです。

チャートなどの動きを見て、預入れたい通貨の為替レートを研究することです。

現在、国内で扱われている外貨預金は一般的な米ドルやユーロに加え、高金利のNZなど数種類ありますが、どのレートもじっとしているものはありません。

外貨普通預金の場合、定期に比べ、金利は低いものの、自由に預金の出し入れができるあたりは、為替リスクをうまく交わすことができるかもしれません。

短期で外貨預金とお考えの方には、普通預金の方がいいかもしれません。

外貨を扱う商品には、どれも為替リスクがあります。外貨預金は、元本割れ程度で済みますが、他の投機商品になると、元本以上の大損の恐れもあります。

為替リスクという点では外貨預金は、比較的被害は少ないといえそうです。

外貨預金の為替リスクについて

外貨預金の魅力は、金利の高さと為替差益にあります。

為替相場は毎日動いていますので、差益が差損となり、為替リスクを背負うこともあります。

うまく為替リスクを避けるための外貨預金のコツはというと、円高で預入れ、円安で引出しということになります。

外貨預金を始めようと思ったら、まずは為替相場動向を知ることです。

チャートなどの動きを見て、預入れたい通貨の為替レートを研究することです。

現在、国内で扱われている外貨預金は一般的な米ドルやユーロに加え、高金利のNZなど数種類ありますが、どのレートもじっとしているものはありません。

外貨普通預金の場合、定期に比べ、金利は低いものの、自由に預金の出し入れができるあたりは、為替リスクをうまく交わすことができるかもしれません。

短期で外貨預金とお考えの方には、普通預金の方がいいかもしれません。

外貨を扱う商品には、どれも為替リスクがあります。外貨預金は、元本割れ程度で済みますが、他の投機商品になると、元本以上の大損の恐れもあります。

為替リスクという点では外貨預金は、比較的被害は少ないといえそうです。

外貨預金の損について

外貨商品はこのところ数が増えてきました。

国内の金利が低迷している中、少しでも金利が高くと考えるのは当たり前のことですが、リスクが少なく、安全で、なおかつ高い金利のものというと、外貨預金でしょうか。

FXという外貨を扱う商品で、少ない資金でレバレッジを効かせ大きな資金を動かすというものですが、こちらはいっぺんにその小さな資金も失うというをするかもしれないということがあります。

外貨預金は、為替差損の元本割れ程度のものですから、損の大きさとしてはたいしたことはないです。

それにそのまま外貨預金に入れておけば、いつかは為替相場がよくなれば、そのもなくなりますし、為替差益に替わることでしょう。

FXも持ち越しができますが、スワップ金利がマイナスだとすると、はどんどんと大きくなっていきます。

という面からみたら、外貨預金のほうが少ない被害で済むということです。

そんなことから、安全な外貨商品として、外貨預金をおすすめします。

外貨預金のリスクを考えよう

低金利の日本の円預金よりも、高金利の外貨預金なので、受取額が期待できます。

円預金と外貨預金のしくみは同じですが、外貨を扱うところで、為替相場のことは外せません。

外貨預金は為替相場の変動により、金利+為替差益で高い利回りが期待できます。
しかし、相場が不利に動いた場合、為替差益が生じ、受取額の減少というリスクがあることを知っていなければなりません。

円預金にはないリスク外貨預金には隠されています。

リスクというにはオーバーですが、円預金にはない手数料が預け入れ、受取時にかかります。
大体1米ドルあたり2円前後の金融機関が多いようです。
受取額がマイナスになるという面ではリスクになりますね。

リスクを背負っての外貨預金運用ですが、高い金利や為替相場を上手に乗り切れば、円預金よりもずっとお得な預金です。

外貨預金は預金保険の対象外となりますので、金融機関が倒産した際の保証もありません。
コレもリスク
耀