外貨預金可能な通貨は? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金可能な通貨は? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

ユーロで外貨預金をしてみませんか?

外貨預金を既にしている人の中で、ほとんどの方が米ドルかユーロ外貨預金ではないでしょうか。

たしかに米ドルとユーロは、世界でもっとも普及している通貨であり安心感があります

銀行の外貨預金の取り扱い説明でも、最初の方に米ドルやユーロの文字を探すことができます。
ユーロ外貨預金は一般的なものです。

アメリカやユーロ圏の大きな情報は、少し調べれば十分手に入れることが可能です。

やはり外貨預金をする時は何らかの根拠があって始めたいものですよね。

ユーロ外貨預金の金利は3%前後で動いていて、定期になるともっと高金利になります。

外貨を扱う外貨預金ですから、為替手数料1ユーロに付き、1円前後と、TTB、TTSなどの手数料はかかりますが、円預金よりもずっとお得になります。

ただし、預入と引出しのタイミング次第では折角のユーロの高金利が無駄になってしまいます。

ユーロ外貨預金を始めるに当たっては、情報収集を行ってからの方が良いでしょう。

ユーロで外貨預金

外貨預金を既にしている人の中で、ほとんどの方が米ドルかユーロ外貨預金ではないでしょうか。

たしかに米ドルとユーロは、世界でもっとも普及している通貨であり安心感があります

銀行の外貨預金の取り扱い説明でも、最初の方に米ドルやユーロの文字を探すことができます。
ですから、ユーロの外貨預金は一般的なものです。

アメリカやユーロ圏の大きな情報は、少し調べれば十分手に入れることが可能です。

やはり外貨預金をする時は何らかの根拠があって始めたいものですよね。

ユーロ外貨預金の金利は3%前後で動いていて、定期になるともっと高金利になります。

外貨を扱う外貨預金ですから、為替手数料1ユーロに付き、1円前後と、TTB、TTSなどの手数料はかかりますが、円預金よりもずっとお得になります。

ただし、預入と引出しのタイミング次第では折角のユーロの高金利が無駄になってしまいます。

ユーロ外貨預金を始めるに当たっては、情報収集を行ってからの方が良いでしょう。

外貨預金 NZドルのときにはどう?

外貨預金の中でも高金利な通貨にNZドルがあります。

NZの政策金利は8.25%、外貨預金金利は6.55%となっています。
仲値は89.32円となっています。

今の日本の政策金利は1%も行かない状態で、8.25%というのは魅力的です。

NZの国も政治情勢も特別憂慮することもないので、急にということはないにしても、為替相場の動向は明日のことは分かりませんが。

外貨預金NZドルのものは、為替手数料は銀行によって違いますが、一番安いイーバンクで30銭、高いところでは2円55銭となっています。

外貨預金の良さとして、普通預金ですと、投資的な目的で、円高で預入、円安で引出し、為替差益を利用した短期的な投機。

外貨定期預金ですと、引き出しのタイミングは計れないものの、金利が普通預金に比べ、高くなっていますし、そのまま普通預金に入れてタイミングを待つということもできます。

NZの高い金利を生かすためにも、外貨預金のメリットを利用したいですね。

南アフリカランドで外貨預金

南アフリカランドでも預金ができる外貨預金

外貨預金というと、米ドルやユーロが有名ですが、この頃は南アフリカランドやダイバーツなどエマージング諸国の通貨も取り扱うようになりました。

南アフリカランド外貨預金の魅力はなんといっても、金利の高さです。

南アフリカランドは7%近い金利で利回りしますから、今の日本の円預金では考えられない利息が付くわけです。

外貨を扱うことにより、為替手数料がかかりますが、金利が高ければカバーできるのでは、考えられます。

ただ、ここで一つ注意しなければならないのは、リスクの問題です。

為替レートの関係から、為替相場の動向によっては、元本われという事態もないわけではありません。
それと、外貨預金をするさいに、利息より手数料で高くなってしまうなどということも考慮しなければならないです。

南アフリカランドの金利は高いですが、国自体は不安定でカントリーリスクもないわけではなく、国内情勢の悪化などで、大きく相場が動いてしまうということもあります。

でも、今、南アフリカは、サッカーワールドカップの開催国にも選ばれ、国を挙げて発展しています。2010年開催までは、大いに盛り上がることは間違いないと思います。

米ドルやユーロではなく南アフリカランド外貨預金、考えてみませんか?

外貨預金 南アフリカランドの場合

外貨預金は、国内の銀行でできますが、ポピュラーなものは米ドルやユーロです。

南アフリカランド外貨預金を扱っている数少ない銀行の一つにイーバンク銀行があります。

イーバンク銀行の外貨預金南アフリカランドでの取扱をみてみましょう。

外貨預金には、金利が高いことで人気がありますが、為替手数料がかかってしまいます。
その為替手数料が安いことでイーバンク銀行での外貨預金は注目を集めています。

南アフリカランドの為替手数料は0.1円、10銭です。
この料金は他の銀行と比較してもとても安いものになっています。

そして、高い金利、南アフリカランドは、普通預金で6.75%と、申し分のない高さになっています。

南アフリカランド外貨預金を扱っている銀行で、スタンダードチャータード銀行がありますが、こちらは募集期間限定型の定期預金となっていて、いつでも外貨預金ができる環境にないのが残念です。
なんといっても、魅力は手数料が無料ということで、いつかは募集するときがあればこちらの方も注目ですね。

外貨預金 元の場合

外貨預金は米ドルやユーロは一般的ですが、アジア圏のタイバーツや中国を取り扱い金融機関も出てきました。

外貨預金とは、円を外貨にかえて預金をすることです。

低金利の日本においては、預金の意味もあまりないですが、外貨預金ですと、高い金利が売り物ですから期待できます。

中国に関しては、株のほうは随分と盛り上がっていますし、景気は最高潮に達しています。

これからも経済成長が見込める国ですから、中国は注目です。

外貨預金は、手数料がかかりますので、円預金とは仕組みが少し変わります。
この手数料は、国によって、銀行によって変わります。
高金利のほかに、為替差益による利益も見込まれます。

これは、払戻し時に円安になっていたらのことですが、為替動向につかんでタイミングよく運用することが、外貨預金の醍醐味というものです。

米ドルやユーロのように幅広く中国外貨預金は一般的ではないでしょうけれど、今後の経済発展や民主化などで、どうにでもなるのが、中国です。

今後、中国外貨預金が一般的になるのも夢ではないかもしれません。

南アフリカランドで外貨預金

外貨預金といえば、米ドル建てやユーロ建てがポピュラーですが、この頃はニュージーランドやポンドや南アフリカランドなどの外貨預金の取り扱いが始まっています。

特に南アフリカですが、7%に近い高金利の預金は、他にもあまりないものです。
この金利はニュージーランドも同じくらいです。

豊富な資源を有する南アフリカの経済発展はまだまだこれからですし、2010年サッカーワールドカップの開催予定国ということで、注目も集まっています。政策金利が7パーセントとい高さも注目です。

高金利の南アフリカランドには興味はあるけれど、債券やFXはリスクが、と思われている方に外貨預金はおすすめです。

しかし、為替レートの関係から、外貨預金にもリスクはありますし、元本割れということもあります。

南アフリカランドの1通貨単位が16円程度で、値動きが激しい通貨ですから、預けっぱなしというのも危険でしょう。

外貨預金にかかる手数料や為替差損などのリスクはありますが、7%の高金利の南アフリカランドの外貨預金、魅力的ではないですか?

外貨預金 ユーロの場合は?

円をドルやユーロに換えて預金をすることを外貨預金といいます。

取扱う外貨は、金融機関ごとに異なりますが、ドルやユーロに関しては、大体のところが取扱っていると思います。

外貨預金の最大のメリットは、国内金融商品にはない高金利でしょう。ユーロの場合ですと、1%前後の金利となります。

また、外貨預金の魅力はもう一つ。為替変動による為替差益があります。
たとえば、1ユーロ100円のときに、ユーロを5000ユーロ分(日本円で50万円分)買い外貨預金をして、1ユーロ120円のときに、円に替えた場合、60万円となり、為替差益分だけで10万円増えたことになります。

しかし、このときに、1ユーロ90円になってしまったら、為替差損として50万円が45万円になり、5万円の元本われというデメリットも同時に持ち合わせています。

外貨預金は為替レートに為替手数料が含まれているのが一般的です。

ユーロの場合、円→ユーロユーロ→円にする手数料は1ユーロあたり往復で3円が一般的ですが、為替手数料は、銀行ごと、通貨ごとに異なるのでチェックが必要です。また、外貨預金は預金保険の対象ではなく、1000万円以下でも保護されないので注意しましょう。

外貨預金 ニュジーランドドルの場合

外貨預金とは、円を外貨に換えて預金をすることです。

金融機関によっては数カ国の通貨を扱っており、ご自分のお好みの通貨での預金が楽しめます。

ここでは、外貨預金の中でも金利が高いニュージーランドドルでの外貨預金をみてみましょう。

ニュージーランドの魅力はなんといっても金利の高さです。
外貨預金も定期になると、金利は高くなりますが、外貨預金でもニュージーランドの金利は4%〜6%前後となっています。

ニュージーランドの金利の高さは、今の日本では考えられないですね。

外貨預金にかかる為替手数料は、0.3円から3円前後となっています。

ここのところのニュージーランドの金利はあがっていて、円高のときのタイミングで預け入れれば、高金利の恩恵だけではなく、為替レートの為替差益も期待できますね。

ただ、為替レートは毎日変化しています。ニュージーランドも今は高金利ですが、永遠ということはないですから、リスク管理は考えておいた方がいいでしょう。
耀