外貨預金の税金は? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の税金は? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の決算時の処理

外貨預金の利息部分は市場金利水準により随時変動する変動金利です。

したがって、今日と明日の金利は違っていてもおかしくはないということになります。

銀行では、利息決算日が決まっていて、決算日までの利息は決算日の翌日につきます。

外貨普通預金であれば、利息が高いときにタイミングよく引き出すことができます。

外貨預金決算時の経理上の処理についてですが、
外貨預金については、決算時の為替相場による円換算額を付すとなっています。

ただし、外貨預金でも長期のもの(1年超のもの)について重要性がない場合には、取得時の為替相場による円換算額を付すことができます。

経理には関係なく、個人で外貨預金をやっている方の申告時の処理ですが、外貨預金の金利部分については、通常の円預金と同様に20%の源泉分離課税となっていますが、元本部分については異なります。

外貨預金の元本部分の為替差益については、原則として雑所得として課税され、確定申告が必要となります。(例外的に、給与収入が2000万円以下で雑所得の合計が20万円以下であれば、課税されません。)

外貨預金の決算について

外貨預金の利息部分は市場金利水準により随時変動する変動金利です。

したがって、今日と明日の金利は違っていてもおかしくはないということになります。

銀行では、利息決算日が決まっていて、決算日までの利息は決算日の翌日につきます。

外貨普通預金であれば、利息が高いときにタイミングよく引き出すことができます。

外貨預金決算時の経理上の処理についてですが、

外貨預金については、決算時の為替相場による円換算額を付すとなっています。

ただし、外貨預金でも長期のもの(1年超のもの)について重要性がない場合には、取得時の為替相場による円換算額を付すことができます。

経理には関係なく、個人で外貨預金をやっている方の申告時の処理ですが、外貨預金の金利部分については、通常の円預金と同様に20%の源泉分離課税となっていますが、元本部分については異なります。

外貨預金の元本部分の為替差益については、原則として雑所得として課税され、確定申告が必要となります。
(例外的に、給与収入が2000万円以下で雑所得の合計が20万円以下であれば、課税されません。)

外貨建預金の税金について

皆さんの中にも、ドルやユーロなど外貨建預金へ資金をシフトしている方が多いのではないでしょうか。
株式相場が低迷していますので、外貨が一筋の光と言ったところだと思いますが、いくつか気をつけるべき点があります。

まず、税金についてです。
外貨建預金の金利部分については、通常の円預金と同様に20%の源泉分離課税となっていますが、元本部分については異なります。
外貨建預金の元本部分の為替差益については、原則として雑所得として課税され、確定申告が必要となります。(例外的に、給与収入が2000万円以下で雑所得の合計が20万円以下であれば、課税されません。)

例えば、1ドル110円の時に2万ドル(220万円)を外貨定期預金に預け、現在の1ドル130円で満期を迎え円貨に戻した場合には、元本部分は260万円になり、差引40万円の利益が出ます。

この場合には、外貨建預金の為替差益が20万円を超えますので、他の雑損失などがなければ確定申告をすることになります。
なお、確定申告により課税される税率は、個人の所得により変わります。

外貨建預金で課税されるのはあくまでも円貨に戻した場合ですので、外貨のまま持ち続けていれば、課税はありません。また、外貨のまま海外で消費という手もありますね。

外貨預金の税金はこうだ

外貨預金をすると外貨預金の利息部分と為替差益の利益に対して税金がかかってくるということを覚えておきましょう。

外貨預金の利息部分の税金は、国税15%、および地方税5%の税金の合計20%が受け取り利息に対して源泉分離課税されます。

源泉分離課税制度とは、他の所得と全く分離して所得を支払う者が、支払の際に一定の税率で所得税を源泉徴収し、それだけで税金が完納するということです。

つまり、何もしなくても自動的に徴収されてしまうということです。

外貨預金の為替差益は総合課税となり、雑所得として確定申告が必要です。

ただし年収2000万円以下の給与所得者の人で、給与所得および退職所得以外の所得が為替差益を含めて、年間20万円以下の場合は申告は不要です。

他に雑所得に該当する所得がなければ、外貨預金の為替差益=雑所得の金額になります。

為替差損については収益がありませんので税金はかかりません。

また、黒字の雑所得がある場合は差損を控除することができます。
為替差損が発生した場合に他の雑所得があれば、その金額と通算することが可能ということです。
耀