外貨預金の金利は? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の金利は? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨普通預金の金利を考える

外貨預金は、円預金に比べ金利が高くなっているのが特色です。

円預金に預けたとしても金利の期待は全くできません。そこで、金利の高い外貨預金へということですが、外貨普通預金は通貨によって、金利が違ってきます。

外貨預金というと、米ドルやユーロが一般的ですが、実は他の通貨の外貨普通預金と比較あまり金利が高くありません。

米ドルやユーロの為替レートはニュース等普段目にすることが多いですが、NZや南アフリカランドの方が外貨普通預金金利が高いのが現状です。

ただし、銀行によっては、ランドなどの外貨普通預金を扱っていない場合がありますので、比較しようもないですけれど。

外貨普通預金には、お金の出し入れ時に手数料がかかります。この手数料に関しては、米ドルやユーロが比較的安いです。

金利と手数料、+と−の関係なるわけですが、その他に外貨預金の場合、為替レートによる損益も関係してきます。

為替レートの読みができるもの、金利が高いもの、短期ですばやく利益にしたいものと目的は様々で利用できる外貨普通預金

何を重点に考えて、どの通貨で外貨普通預金をするか、ですね。

外貨預金の金利推移

円での有効な資産活用が困難な現代において、外貨投資に目が向くのは当然のことでしょう。
とくに、リスクが比較的少ない外貨預金に投資を考えている方も多い思います。

外貨預金の魅力はなんと言っても高金利にあります。

ここ数年の金利推移を辿ってみると、日本の金利推移は坂道を転げ落ちるような形である一方、米国も2004年までは落ち込んでいるものの、その後の金利推移は右肩あがりです。

金利推移で顕著な上がり方をしているのが、ニュージーランドドルです。金利も7パーセント台で推移しています。
ニュージーランド通貨の外貨預金の扱う金融機関も多くなっています。

外貨預金のもう一つの魅力は為替差益です。

このことは、預け入れと払戻しのタイミングをうまくはかる必要があります。

外貨預金の金利はその国の政策金利の影響を受けますし、為替差益を受け取るためには、金利推移の動向には目を光らすべきです。

為替レート関係から、為替差損のリスクがあることも忘れずに。

外貨預金は高金利?

外貨預金のメリットとして、高金利が挙げられます。
低迷する日本の金利よりも、ずっと高い金利設定がされている外貨で預金をする外貨預金

その国の通貨によって、また銀行によっても高金利といっても幅はありますが、総じて高金利といっても間違いではないでしょう。

また、外貨預金の金利や外貨交換の時に関係する為替相場は毎日変化するものであり、明日はもっと高金利に?なんていう期待も持てます。

しかし、為替相場の変動により、外貨預金の元本割れの可能性もあるリスキーな一面もあります。
ただし、このリスクの部分も高金利のおかげで帳消しという形もあると考えれられます。

外貨定期預金の場合、満期がきまっており、そのときの為替相場によっては、高金利か元本割れか運命の分かれ道ということになりますね。

ただし、外貨預金の定期の場合は、そのまま継続というプランもありますから、うまく円安に払戻しができれば、為替差益と高金利、2つの恩恵を受けられます。

外貨預金で米ドルやユーロなどのポピュラーな通貨は大体の金融機関で取扱っていますが、今はマイナーな通貨が高金利の時期に入っているようで…。その辺は要チェックですよ。

外貨預金の利息について

外貨預金とは、日本円を外貨に交換し、外貨で預ける預金です。

利息も元金と同じ外貨でつきます。
外貨預金の金利は、その外貨の国の金利市場(公定歩合や市場金利)の動向に応じて決定されます。
今の日本の金利から考えても、外貨預金は、円預金よりも利息が多くなるが魅力ですね。

外貨預金で、取引の際にかかる手数料がありますが、1米ドルにつき2〜3円(米ドルの場合)という金融機関が多いです。

利息ではないのですが、為替差益で利息のようなものを得られる場合があります。

円と外貨の交換のときに関係する為替レートの関係から、

100円で預け、払戻しのときに110円になっていたら、10円の利益になります。
ということがあります。

この場合、外貨預金利息と利益の10円とあわせるので、利息が増えることとなります。

しかし、100円で預け、払戻しのときに90円になる危険性もありますので、ご注意を。

外貨預金の利率は?

昨今の日本の低金利を背景に、外貨への関心が高まっています。

円を外貨に替え預金をする外貨預金を取り扱う金融商品も出回っています。
円に比べ利率が高い外貨への預金ということです。

外貨預金の場合、ただ高金利でうれしいというだけではなく、為替相場によって、差益を得られるという特典もあります。

単純に言うと、利率が高いうえ、為替差益もいただけるという外貨預金なのですが、ちょっとした工夫が必要になってきます。

まずは預け入れの時期、高い利率の通貨を選ぶのはいいのですが、毎日変動する為替レートの動きをチェック。
円高の時を見計らい、預け入れをします。
そして、引き出すときは、円安時を狙います。

為替レートや為替相場に目を光らせ、ここだというときに、外貨預金の入出金を考えないと、高い利率も無駄になってしまうばかりか、為替差損で、元本割れという事態も起こり得ます。

そんなことがないよう、きちんと高い利率も為替差益も両方の恩恵が得られるよう、外貨預金の入出金時期はきちんとお選びください。

外貨預金の金利とは?

外貨預金金利はその通貨を取り扱う国の中央銀行が決める政策金利と密接に連動しています。

外貨預金の高い金利はそんな諸外国の金融政策によってもたらされます。

2007年9月現在、外貨預金金利はニュージーランドの8.25%というのが群を抜いて高いです。
日本は0.6%ですから、金利の高さにはため息が出ます。

外貨預金金利は預け期間が長くなればなるほど高くなります。

ですから、同じ金額でも、外貨預金のほうがぐっとお得になります。

円から外貨に両替をするときに、為替手数料が取られ、満期時に受け取るときも為替の動向によっては、金額に差が出ます。

でも、円安時に、日本円に両替をするという手を使えば、解決することですから、外貨預金で賢く預金を考えてみませんか。

また、基準金利の優遇幅を上乗せするというサービスをシティバンクにはあります。この場合、外貨定期預金での扱いとなります。
耀