外貨預金比較 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金比較 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金と外貨MMF

外貨預金外貨MMF。どちら外貨商品ではありますが、中味はぜんぜん違うものと考えるべきだと思います。

外貨預金は、円を外貨に換えて預金をするものですし、外貨MMFは、海外の投資信託会社によって外貨で運用される公社債投資信託です。

預金と投資信託との違いがあります。

外貨MMFの購入や売却に適用される為替レートは、外貨預金に適用されるTTS/TTBとは異なり、為替手数料が小さくなっています。

外貨MMF外貨預金と比べて、為替手数料が小さい、いつでも解約できるのに外貨普通預金よりも高金利、為替差益は非課税、など外貨預金よりも有利な外貨商品であるということができます。外貨投資の初心者の方に適しているでしょう。

手数料の面においては、外貨預金はどうしても割高になってしまうという部分はありますが、為替差益を狙って、為替相場を読んでいれば、金利+為替差益も受け取れます。

外貨MMFは、投資商品であり、外貨を購入しているわけではありません。このため、外貨MMFで得られた分配金を外貨で受け取ることは出来ません。

外貨預金と比べるとメリットの多い外貨MMFですが、この点は外貨預金と大きく異なります。外貨での使用を考えている場合は、外貨MMFは避けましょう。

外貨預金と外貨MMFを比較しよう

外貨預金と外貨MMFは何が同じで何が違うのでしょうか?

外貨預金とは、外貨での預金をいいます。

外貨MMFとは、外貨の通貨で、主に国債等の安全性の高い債券に対して投資を行う投資信託をいいます。

まずは預金と投資信託の違いですね。

外貨預金も外貨MMFは、様々な銀行で扱っていますので、大手銀行ならば、どの銀行でも預け入れることが可能ですし、両方ともどの通貨で預け入れるかを決めなければいけません。

外貨MMFは、商品性としては外貨預金とほとんど変わりませんが、メリットとして、外貨MMFは、外貨預金に比べ、為替手数料が安いことが多いこと、外貨預金に比べて利率が高いこと、いつでも換金できること、為替差益が非課税です。

デメリットは、引き出すためには、一旦円貨に両替しなければいけないことが多い、為替差損を他の所得と通算できないことです。

外貨預金も外貨MMFも外貨を扱うという面で、元本割れなどのリスクはありますが、普通の預金に比べると、金利は高くなっています。

外貨預金と投資信託

外貨預金投資信託の違いを考えてみましょう

外貨預金とは、その名の通り、ドル、ユーロ等の日本円以外の通貨での預金をいいます。

外貨預金からの収益をあげる方法は、為替変動による収益です。例えば、ドル建ての預金を行う場合、ドル安時期に外貨預金を行い、ドル高時期に外貨預金を解約すれば、それだけで利益が得られます。

外貨預金は預金ですから、当然利息を受け取ることができます。

一方で、外貨預金をする上では、為替変動による損失には注意しなければいけません。為替レートの変動具合によっては、元本割れする可能性もあります

投資信託とは、投資の専門家に資金を預け、専門家に運用してもらう仕組みのことをいいます。

そのため、主に株式に対して投資を行う投資信託の場合には、株式に対する投資リスク、外債に対して投資を行う投資信託の場合には、外債に対する投資リスクを負うことになります。

なお、投資信託は、通常は、投資額以上の損失を受けない商品設計にすることが多いと思います。

投資信託のメリットとしては、少額で簡単に分散投資の効果を得ることができます。

一方で、投資信託のデメリットとしては、手数料が割高になる、という点が挙げられます。

投資信託を購入・保有・売却する過程で、様々な手数料が徴収されます。

外貨預金の金利比較をしてみよう

外貨預金において、金利比較をすると、対日本ですと、どこの国も勝つことになります。

銀行などの金融機関にあずけても、金利の存在すら怪しい円預金ですが、外貨預金は違います。

金利比較してみると、日本が0.6%で、米国は5%前後、ニュージーランドにいたっては8%近くにいってます。

円預金と外貨預金金利比較して、同じ金額を預けるにしても、受け取り金額にこれだけの差が出るということになると、外貨預金を考えたくなりますね。

どこの銀行も外貨預金の通過は複数の通貨を用意しています。

資産を一つの国に偏って運用するよりも分散をして、外貨預金をすることをおすすめします。

外貨預金のリスクとして、手数料がかかること、為替レートの関係から、外貨から円に戻したときに、元本われが生ずることなどがあります。

又、銀行によっては扱う通貨の種類、金利の高さ、手数料の金額などに差が出ます。この辺の比較も大切なチェック項目です。

外貨預金を始めるにあたっては、通貨や金融機関など、比較作業が入りますね。

FX vs 外貨預金

FX外貨預金。よく同じ土俵に乗せられますが、勝敗はどちらとも言いがたいものがありますね。

派手に、いっぺんに儲けたいというのなら、迷わずFXですね。
少ない資金で、レバレッジをかけ、大きな賭けに出て、スワップ金利など、うまくいけば利益がでます。

では、外貨預金はというと、円高時のタイミングを見計らって、外貨を買い預金をし、円安時に円に両替をするという方法で利益になります。

FX、外貨預金ともに、チャートなどの研究から入り、確実な線を狙いたいですね。

外貨を扱うFX外貨預金も手数料がかかります。これも、断然FXに軍配はあがりますが、外貨預金の方も少しずつ手数料を安くしたり、キャンペーンをやったりと頑張っています。

そして、リスク。これは外貨預金の勝ちでしょう。FXは儲けも多いけれど、損するときも派手になくなってしまうという危険性は高いですね。

どちらがどうともいえない、FX外貨預金。ただ共通しているのはリスク管理と為替の動向に密接に関係しているということですね。

外貨預金とFX

外貨預金FX。何かと比較対照になりますが、どこが違うのでしょうか?

預金である外貨預金は、外貨で預ける預金であり、普通預金と定期預金があります。
円預金と仕組みはほとんど同じです。
FXは投資ですから、保証金を払い外貨の取引をすることです。

外貨を扱う以上、為替手数料がかかります。これは外貨預金FXも同じですが、1ドルにつき、外貨預金は0.2〜2円、FXは0.1〜0.2円となっています。

外貨預金のよさは円預金よりも高い金利にあります。
FXについても、金利の面ではスワップ金利や自分で取引を選択できるなどの利点は多いですね。

でも、最大のリスクの問題で、外貨預金は銀行等に預け、為替レートを見つめつつ、為替差益が得られるときに解約という形を取れること。FXにあるレバレッジの存在もなく、危険が極めて少ないといえます。

大きく損をしたくないという場合は、外貨預金ですね。
博打性、一気に儲けたいと思われる方については、FXの方が、リスクを承知の上でしたらいいかもしれません。

外貨預金の米ドルと円預金との比較

外貨預金とは、海外の通貨で預金をすることです。

一口に外貨預金といっても、外貨の種類や取り扱う金融機関によって、違いはあります。

ここでは、米ドルの外貨預金について、比較をしてみました。

日本円で10000円を1年間預けると、1年後には10060円。
米ドルで10000ドルを1年間預けると、1年後には10500ドル。

この比較では、断然金利が米ドルの方が高いのが分かります。

単純に10500ドルを受け取るわけではなく、外貨預金をする場合には、日本円から米ドルへ両替をするときに外国為替レートが関係してきます。
「今日の円相場は1ドル120円です」、これです。

ですから、円相場の動きに注視し、米ドルの値段を比較してみると、円高のときに、米ドルに両替し、円安のときに日本円に両替をすることが理想的です。

米ドルの外貨預金と考えた場合、金融機関によって、少しずつ変わっているので、金利の比較が必要です。

また、為替手数料も0.2〜1円と幅がありますので、こちらも比較してみてください。
耀