外貨定期預金とは? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨定期預金とは? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨定期預金と為替の関係

外貨商品の中でも、外貨で預金をする外貨預金。その中でも、外貨定期預金は、普通預金に比べて金利が高いのが特徴です。

外貨定期預金とは、あらかじめ満期日を定めて行う預金のことです。

円預金よりも高金利が期待できる外貨定期預金ですが、円預金よりも不利なこともあります。

その不利なこととは、為替手数料がかかってしまうこと。円から外貨へ、外貨から円への交換の際に、1米ドルにつきいくらというような為替手数料が生じます。

それと、為替の動向で受取額の変わる外貨定期預金ですから、為替の動向によっては、受取額が減ってしまう(為替差損)ということも有り得ます。

預金保険の対象外であることと、外貨定期預金は原則として途中解約ができないことにも注意しましょう。

外貨定期預金はリスクが多いですが、外貨定期預金の魅力は高金利は、為替の波にうまく乗れたときの為替差益。

これを手にするため、外貨定期預金、始めませんか?

外貨定期預金の金利について

外貨預金とは、円を外貨に換えて預金をすることです。

国内の大手銀行はほとんど外貨預金を取り扱っています。

ところで、外貨預金にも普通預金と外貨定期預金がありますが、外貨定期預金のメリットとデメリットについて考えたいと思います。

一般的に定期預金というと、預入れ期間が決まっていて、普通預金よりも金利が高く優遇されているとおもいますが、外貨預金の場合も円預金と同じです。

メリットといえば、金利の高さですね。
通貨によっては5%以上というものまであります(2007年10月現在)

デメリットは、引出しの期日が決まっているので、そのときの為替相場によっては、高い金利ばかりか為替差損によって、大損をしてしまう危険性が高いということです。

外貨預金は今の円預金と比較しても金利は断然いいのですが、為替相手の動向ですので、円預金にはない元本割れということが起こります。

また、外貨定期預金を満期前に解約をすると、金利が外貨普通預金の金利を適用されます。

外貨預金は預金保険対象外となっています。デメリットが目立つ外貨定期預金ですけれど、うまくいけば、ハイリターンの預金です。

外貨定期預金と金利について

外貨預金とは、円を外貨に換えて預金をすることです。

国内の大手銀行はほとんど外貨預金を取り扱っています。

ところで、外貨預金にも普通預金と外貨定期預金がありますが、外貨定期預金のメリットとデメリットについて考えたいと思います。

一般的に定期預金というと、預入れ期間が決まっていて、普通預金よりも金利が高く設定されていると思いますが、外貨預金の場合も円預金と同じです。

外貨定期預金のメリットといえば、金利の高さですね。
通貨によっては5%以上というものまであります(2007年10月現在)

デメリットは、引出しの期日が決まっているので、そのときの為替相場によっては、高い金利ばかりか為替差損によって、大損をしてしまう危険性が高いということです。

外貨預金は今の円預金と比較しても金利は断然いいのですが、為替相手の動向ですので、円預金にはない元本割れということが起こります。

また、外貨定期預金を満期前に解約をすると、<外貨普通預金の金利を適用されます。

外貨預金は預金保険対象外となっています。デメリットが目立つ外貨定期預金ですけれど、うまくいけば、ハイリターンの預金です。

特約付外貨定期預金のからくり

特約付外貨定期預金についてですが、高金利な定期預金であることは間違いないです。

特徴として、満期時に円安になっていれば円建てで、円高になっていれば外貨建てで元本が戻る点です。

通常の外貨預金と違い、円安になっても為替差益を得られないし、円高になっていれば含み損を抱えてしまいます(元本割れ)。

それでも特約付外貨定期預金が人気を得ているのは、表示金利が比較的に高いためです。満期3ヶ月もので現在約5%(年率換算)と、通常の外貨預金より2%ほど高いからです。

特約付外貨定期預金の実態は、円高になればドルに転換される可能性がある円預金、円に転換されうる外貨預金の形をした商品もあります。

通貨オプションというデリバティブ取引が組み込まれており、預金者は気づかないまま、為替相場の予想を競い合う取引に参加していることになります。

特約付外貨定期預金に預け入れ時に決まる判定レートよりも円高なら、含み損を抱えたドルを相手から受け取らなければならず、預金者にとっては負けになります。

リスクをとる分、事前に相手から一定の「オプション料」を受け取ります。オプション料の分、表示金利が高くなるわけです。

特約付外貨定期預金といっても、普通の定期預金とは考えず、リスクのある預金とかかったほうがいいようですね。

外貨定期預金の仕訳について

仕訳とは、複式簿記において、発生した取引を貸借の勘定科目に分類して記録することです。

仕訳においては、貸借対照表または損益計算書における終局的な位置(借方か貸方)にその勘定科目があれば、その勘定科目の増加を表し、反対側にあれば、その勘定科目が減少することを意味するというルールがあります。

1 外貨定期預金20000ドルを作成するため普通預金を引き出した。
  本日の為替レートは1ドル105円です。
  この場合、外貨定期預金 2,100,000円となります。

1の仕訳

外貨定期預金 2,100,000   普通預金 2,100,000

2 満期を迎え、利息1600ドル(利息源泉300ドル、利子割100ドル差引後)とともに払戻しを受けた。本日の為替レートは1ドル102円。

2の仕訳

現金 2,040,000      外貨定期預金 2,000,000
                  為替差益 40,000
現金 163,200        受取利息 204,000
租税公課 40,800

3 満期を迎え、利息1600ドル(利息源泉300ドル、利子割100ドル差引後)とともに払戻しを受けた。本日の為替レートは1ドル98円。

3の仕訳

現金 1,960,000      外貨定期預金 2,000,000
                  為替差損 40,000    
現金 156,800     受取利息 196,000
租税公課 39,200

仕訳の左側が借方、右側が貸方になっています。

外貨定期預金を知ろう

外貨定期預金は、外国の通貨に交換して一定金預けたままにしておく預金のことです。

外貨定期預金は、外貨普通預金に比べ、一般的に金利が高く、金利プラス為替の差益が期待できる点が大きな魅力で、預入れ時より円安になると受取り額は多くなります。

為替差益というのは、預入れ時よりも為替相場が満期時に「円安」に動いたため、円に戻した元本が多くなった場合をいいます。

また反対に、為替差損といいのは、 預入れ時よりも為替相場が満期時に「円高」に動いたため、円に戻した元本が少なくなった場合をいいます。

外貨定期預金では、円貨を外貨に替えるレートと外貨を円貨に替えるレートにはそれぞれ所定の外国為替手数料がかかります。

外貨定期預金満期時の対応方法として、為替差益が発生している場合は、円預金に預け替え、収益を確定しますが、為替差損の場合は、円安を期待し、そのまま外貨定期預金で運用するという方法もあります。

超低金利時代の現在、外貨定期預金は利率が円預金よりも高いうえ、為替差益も期待できるという魅力がある反面、為替相場の変動により為替差損が生ずるリスクもあるのでご留意ください。
耀