外貨預金とは? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金とは? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

イーバンクの外貨預金運用法

外貨で預金をする外貨預金。国内の金融機関で、手軽に預金はできますが、手数料がかかってしまいます。

そこで、イーバンクでの外貨預金運用法について考えたいと思います。

なぜイーバンクでというと、手数料が他の外貨預金を扱う銀行に比べて断然安いという部分にあります。

円→外貨、外貨→円の為替手数料が米ドルで10銭。他の銀行の10分の1くらいです。

外貨預金には為替手数料は不可欠なものですから、ここだけでも10分の1の節約の運用法となります。

そして、外貨預金の魅力のひとつ、金利がイーバンクは他よりも高く設定されています。この金利の運用法は、将来払戻しの時に大きく響くことです。

外貨預金は為替レートによって、上下する外貨商品です。イーバンクはリアルタイムでキャッチできますが、他の銀行の1日1回のレートで決まってしまうよりも為替差益のチャンスが多くなるということです。

外貨商品に同じ金額をかけるのなら、少しでもよりよい運用法をと考えるのは当たり前のこと。

賢い運用法イーバンク外貨預金は提案しています。

外貨預金、どうよ?

最近は外貨関連の商品や投資などが、気軽に始められる環境が整っています。

わざわざ出向くことなくネットで大体の処理が可能ということが、効率よく投資できる用になったことが大きな要因の一つですね。

外貨商品の一つである外貨預金はどうよ

円を外貨にかえて預金をする外貨預金。為替差益に乗れば、利益は大きくなり、預金てすから、金利もつきます。

外貨預金の通貨は数種類ありますが、外貨預金の高金利のものはどうよ

NZや南アフリカランドあたりが5%以上の高金利ですね。

外貨預金の普通預金と定期預金、どっちがどうよ

定期預金の方が、金利が高いのが一般的です。ですが、為替差益の得を十分に得ることになると、普通預金で円安チャンス狙いというのも一つの手ですね。

金融機関はどこがどうよ

これもたくさんの銀行が扱っています。外貨の種類、金利、手数料など勘案し、検討されることがよいと思います。

外貨預金、リスクはどうよ

リスクはあります。為替差益による利益の反対で為替差損です。意向と反対側に為替が動く場合、金利が少なくなるばかりではなく、元本割れの心配もあります。

みなさん、外貨預金、どうよ

外貨預金と為替の関係について

外貨預金を含む外貨商品が出回っていますけれど、大きな鍵となるのは、為替です。

為替とは、金銭決済のことで、外貨預金などで関係してくる為替は外国為替です。

外貨預金は円を外貨に換えて預金する商品ですから、交換時に為替レートが関係してきます。
ニュースの最後などでアナウンスされる、今日の為替は1ドル=115円でした。というコレのことです。

その為替レートで、その日の外貨の価格が決まってきますので、外貨預金の場合は、円高の時に預入、円安で払戻しということになると、差額分が為替差益として、利益になるという計算です。

ですので、外貨預金に関わることになりましたら、この為替レートの観察が必要になってきます。

また、外貨預金など為替に関係してくる金融商品は、儲かるかもしれないけれど、意向と反対になってしまったら、元本割れなど損をするというリスクを背負っているということを常に念頭に入れておく必要もあります。

外貨預金評価額

外貨預金は円を外貨に換えて預金をすることです。

外貨預金は、円預金に比べ、金利の高さを期待できますし、為替相場によっては為替差益も得ることができます。

外貨預金は、最初に円を外貨に換えるわけですが、TTSという為替レートによる手数料がかかります。

また、外貨から円に換えるときにはTTBという手数料もかかります。

そのときに、当初の考えていた金額よりも評価額が少し下がることがあることをご承知ください。

外貨預金が円預金と大きく違う点はメリットとしては金利や為替差益ですが、大きなデメリットとしてはこの手数料の多いことでしょう。

円預金のときには出てこない評価額があります。手数料を引いた後の評価額、為替レートが大きく変わった後の評価額などの表現をします。

手数料と為替相場によっての評価額などを勘案の上、外貨預金を上手に利用し、少しでも高い評価額を手にしたいものです。

外貨預金 イーバンクでどう?

外貨預金をお考えの方、イーバンク銀行で口座で始めてみませんか?

外貨預金は、円を外貨に換えてする預金のことで、あちこちの銀行で取り扱いが始まっています。

円預金と外貨預金の大きな違いといえば、手数料がかかること。

同じ金額を外貨預金をしても、この手数料に差が出るということは受取れる金額にも響いてきますね。

イーバンク銀行は、この手数料が他の銀行に比べて安い。そして、取扱う通貨の種類が多いのもおすすめする理由です。

外貨預金の通貨によって、その金利は銀行によって変わりますが、イーバンク銀行は少し他の銀行よりも高いかもしれませんよ。

ただ、この金利も為替変動やレートにより、変わります。

その為替変動がリアルタイムでキャッチできる部分もイーバンク銀行の外貨預金の魅力となっています。

外貨預金には手数料は絶対にかかるもので、金利の動向はタイミング如何の問題です。

その手数料が安いイーバンク銀行での外貨預金、一押しです。

NZの外貨預金は面白い

外貨預金の中でも高金利な通貨にNZドルがあります。

NZの政策金利は8.25%、外貨預金金利は6.55%となっています。仲値は89.32円となっています。(2007年10月現在)

今の日本の政策金利は1%も行かない状態で、8.25%というのは魅力的です。

NZの国も政治情勢も特別憂慮することもないので、急にということはないにしても、為替相場の動向は明日のことは分かりませんが。

外貨預金NZドルのものは、為替手数料は銀行によって違いますが、一番安いイーバンクで30銭、高いところでは2円55銭となっています。

外貨預金の良さとして、普通預金ですと、投資的な目的で、円高で預入、円安で引出し、為替差益を利用した短期的な投機。

外貨定期預金ですと、引き出しのタイミングは計れないものの、金利が普通預金に比べ、高くなっていますし、そのまま普通預金に入れてタイミングを待つということもできます。

NZの高い金利を生かすためにも、外貨預金のメリットを利用したいですね。

外貨預金残高を考える

日本の外貨預金の現状ですが、日本銀行が発表する預金者別預金調査によると、2007年1月末の外貨預金残高は前年に比べ8.8%の減少となりました。ここ数年、残高の前年割れ続いている状況です。

外貨預金は、円建ての預金に比べ金利が高いことから、個人から高い人気を集めており、ピーク時(2004年11月)には約8兆8千億円もの残高を記録したこともありました。足元の水準は、ピーク時より2兆円以上も減少していることになります。

外貨預金残高が減少した理由として、外貨預金の売買手数料の高さが指摘されています。

最近では、一定の証拠金を預けることで取引ができる外国為替証拠金取引(FX投資)が普及しています。

FX投資の売買手数料は、外貨預金の20分の1以下と大変低いため、手数料を差し引いた実質金利が高いものを望む方ほど、外貨預金の代替としてFX投資を利用する動きが強いようです。

外貨預金の代わりに海外の債券や株式などを対象とする投資信託に投資をする方も増えているようです。

一部ネット銀行などでは、これまで外貨預金残高を伸ばすことで成長を続けてきました。こうした銀行は、今後は外貨預金に代わる人気商品を提供することが大きな課題といえそうです。

外貨預金の損について

外貨商品はこのところ数が増えてきました。

国内の金利が低迷している中、少しでも金利が高くと考えるのは当たり前のことですが、リスクが少なく、安全で、なおかつ高い金利のものというと、外貨預金でしょうか。

FXという外貨を扱う商品で、少ない資金でレバレッジを効かせ大きな資金を動かすというものですが、こちらはいっぺんにその小さな資金も失うというをするかもしれないということがあります。

外貨預金は、為替差損の元本割れ程度のものですから、の大きさとしてはたいしたことはないです。

それにそのまま外貨預金に入れておけば、いつかは為替相場がよくなれば、そのもなくなりますし、為替差益に替わることでしょう。

FXも持ち越しができますが、スワップ金利がマイナスだとすると、はどんどんと大きくなっていきます。

という面からみたら、外貨預金のほうが少ない被害で済むということです。

そんなことから、安全な外貨商品として、外貨預金をおすすめします。

外貨預金でお得

外貨預金でおなことといったら、金利の高さでしょう。
日本では到底考えられない高金利を外貨預金で受け取ることができます。

外貨を扱う商品は、両替手数料や為替手数料がどうしてもかかってしまいます。
外貨預金を取り扱っている銀行は、結構な数がありますので、安い手数料のところを見つけ、手数料は少しでも安くあげ、をしたいですね。

外貨預金の魅力の一つに為替差益があります。引出時に預入時よりも円安になっていれば、為替差益による利益でをします。

このとき、外貨預金の普通預金であれば、時を選ばず、引き出したいときに引き出して、お好きな時にを手にすることができます。

外貨定期預金は、途中解約が難しいので、円安でも見過ごさなければなりませんが、その分金利は普通預金よりもおになっています。

外貨預金は、国によって、銀行によって、金利や手数料体系など違います。
それぞれに見比べ、おな方法を見つけられるといいですね。

外貨建て預金とは?

資産運用の一つとして、外貨建て預金はいかがでしょうか?

外貨建て預金の金利は、定期預金の金利より高いです。
日本の低金利をよそに、海外の高金利の恩恵を受けられるのが外貨建て預金です。

払戻しのときに円安であれば、為替差益が発生し、外貨建て預金の利子+為替差益が得られます。
ただし、円高の場合は、元本われを生ずる恐れもあるハイリスクハイリターンな商品であることを知っておかなければなりません。

また、現在も預金保険対象外であるため全くペイオフで保護されません。

そのため、外貨建て預金の預入先は経営基盤が強固で格付け機関の評価が高いなど経営破綻懸念のない銀行を預金先に選ぶべきです。

金利も為替相場も毎日変化します。その動向の見極めが外貨建て預金への成功の道かもしれません。

最終判断については、あくまで自己責任の気持を持っておかなければならないのです。

外貨預金の口座について

外貨預金とは、日本国内の銀行が取り扱っている日本円以外の通貨(外貨)による預金です。

多くの銀行で米ドル建ての外貨預金を取り扱っているほか、ユーロ建て、豪ドル建てなど各種通貨による預金を扱っている銀行もあります。

また、外貨預金には普通預金や定期預金のほか、通知預金や貯蓄預金を扱う銀行もあります。

銀行の窓口、もしくはインターネットバンキング等で簡単に外貨預金口座を作ることができます。

銀行に日本円や外貨を持って行くか、日本円口座から振り替えるか、もしくは外貨を送金することでも外貨預金ができます。

日本円の場合、外貨に両替するための為替レートとして、TTSが用いられます。

外貨預金には外貨普通預金と外貨定期預金がありますが、外貨定期預金の口座開設のためには、外貨普通預金の口座が必要となります。

まずは、口座開設ですね。

外貨預金が初心者の方へ

外貨預金の名前は知っているけれど、何だろうと思われている初心者の方に、外貨預金について説明をします。

外貨預金とは、円を外貨に替えて預金をすることです。

外貨に替えて、というところが、円預金といろいろと変わってくるので、初心者の方に分かりずらい部分ではないでしょうか。

まず外貨預金には手数料がかかります。

外貨預金の場合、預金をするとき(TTS)と払戻しをうけるとき(TTB)にかかる手数料のことを言います。

外貨預金には、為替差益と為替差損というものが存在します。
初心者の方にはなんだろうと思われますが、文字をご覧になると、為替による利益と損益と考えてよいかと思います。

1米ドル100円で預け、払戻しのときに110円になっていたら、10円の利益になります。
しかし、1米ドル100円で預け、払戻しのときに90円になっていたら、10円の損益になります。

初心者の方は、外貨預金のタイミングは、円高のときに預け、円安のときに払い戻すということを覚えておくといいでしょう。

初心者の方も思い切って、外貨預金を始めてみましょう。

外貨預金をおすすめします

今、お得な外貨預金おすすめします。

相対的に金利が高く、少しでも効率的に資産を増やしたいというかたにとって、外貨預金の金利はおすすめする理由の一つです。

それだけではなく、為替動向次第では、金利に加えて為替差益も期待できます。
こちらの方が外貨預金おすすめの要素かもしれません。

円高のときに、円から外貨にかえ、円安のときに外貨から円に戻すという形が最も理想です。

FXや先物のような面倒なことはなく、円預金としくみはほとんど同じなので、外貨投資を考えている方には、外貨預金おすすめします。

ただ、リスクはないわけではありません。

理想の形の反対で、円安のときに、円から外貨、円高のときに外貨から円というパターンになると、為替レートの差によって、為替差損が生じ、元本割れということもあります。

ただし、元本割れだけで済むと考えれば、他の投資のように、一度に全財産の損失や追証などという心配はありません。

投資初心者の方、為替を知ってみたいという方に外貨預金おすすめします。

外貨で貯蓄する預金、外貨預金

日本は今、低金利時代。
金融機関へ貯蓄をしても、利子はほんのわずかですね。

そこで、外貨貯蓄を行う外貨預金をお勧めします。
海外の金利は日本と比較をしても高金利のところが多く、円よりも外貨貯蓄をした方が受け取る額に差が出ます。

外貨預金のよいところは、金利がいい国を選択できることです。

外貨預金を扱っている銀行などでは、数種類の通貨が用意されており、好みの国や高金利の国の通貨の貯蓄を選ぶことができます。

円預金と大きく違うところは、手数料と為替相場(中値)の存在です。
手数料は、現金を預けいれるとき、貯蓄から引き出すときにかかるもので、中値の関係から、タイミング次第で利益か損益かという局面に出くわすということです。

円高で外貨預金し、円安で外貨を引き出すという形をとり、そして、各国通貨の高金利の恩恵にもあずかるというのがベストですね。

外貨預金については、金融機関によって、それぞれ手数料や金利の違いがありますから、外貨貯蓄をお考えの方は、よく検討してみてください。

外貨預金の知識を知ろう

外貨預金とは、円を外貨に換えて預けることです。

円をそのまま預けるいつもの預金との違うので、外貨預金知識をおさえておきましょう。

まずは金利の知識から。

外貨預金の金利は、その通貨を発行している国の金利水準が反映されます。
各国の金利水準は経済情勢等により異なるため、円預金とは異なる動きをします。

円預金にはない手数料が外貨預金にはかかってきます。
手数料の知識をおさらいしましょう。

外貨預金で適用される手数料らは、為替相場(仲値)には、円貨から外貨預金に預け入れるときの換算相場(TTS)と外貨預金から円貨に戻すときの換算相場(TTB)の2種類があります。

為替相場は常に変動しているということことは、覚えておきたいことです。

利益と損益の知識として、外貨預金は、円高の時に預けて円安の時に引き出すなど、為替動向をつかんでタイミングよく運用すれば為替差益を得ることができます。

逆に、預けた時より円高になった場合は為替差損が生じ、引き出し時の円貨額が預け入れ時の円貨額を下回り、元本割れになる場合もあります。

一番大切な外貨預金知識としては、このリスクをきちんと理解するということです。

外貨普通預金の魅力について

外貨普通預金は、円貨を外国の通貨と交換をして預金するものです。

円預金同様、出し入れ自由でいつでも外貨の売買が可能です。
低金利の円預金よりも高金利となっています。

外貨普通預金は、為替が1円動いただけで、外貨ベースでの高金利は、為替差益という形で得をすることもありますが、為替差損という形になると、損をしてしまうという預金です。

したがって、タイミングよく売買することを第一に、金利の高い低いにこだわらず、売買の自由度の高い外貨普通預金はいかがでしょうか。

外貨を増やすという意味で、もちろん定期預金の方が有利ですが、短期売買で為替差益を狙う場合は、外貨普通預金の方が外貨を売買しやすく便利です。

円預金と大きく違うのは、外国為替手数料がかかることです。

通貨によって、また、銀行によっても手数料のちがいがありますので、ご確認ください。

円預金よりも高金利な外貨普通預金を考えてみませんか?

外貨預金とは?

外貨預金とは日本のお金ではなく、ドル・マルク・ポンドなど外貨建てで行う預金のことで、海外の銀行だけでなく、国内の銀行・信用金庫等でも取り扱いがあります。

普通預金・当座預金・通知預金・定期預金の4種類があり、仕組みは日本と同じですが、
金利などは各通貨の本国の金利水準が反映されるのが特徴です。

外貨預金のメリットとしては金利が高いことです。

日本は今、銀行の金利が低くほとんどつかない状態ですが、外貨預金の金利は高金利でとても魅力があります。

その反面、デメリットはリスクが伴うことです。

通貨の買い時にかかる為替手数料、売るときにかかる手数料が高いので、頻繁に売り買いすると元本割れになることもあります。この辺は株と似ていると思われます。

また、為替変動のリスクは、円と外貨の為替の相場が時々変わるので、外貨預金のメリットにもデメリットにもなります。

外貨預金をはじめるのにオススメな銀行は、シティバンク、ソニーバンクになります。
どちらも為替手数料が安いので、はじめて挑戦する人にはとっても魅力的です。
耀