外貨預金、円高の時にすべきこと 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金、円高の時にすべきこと 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金、円高の時にすべきこと

外貨預金にとって、円高になるとどういう影響があるのでしょうか?

円高になるということは、為替レートが1米ドル110円から100円に動いた場合、さっきまで1米ドルは110円を支払わないと買えませんでしたが、今では100円払えば買えるということで、ドルの価値が安くなって、円の価値が高くなったということです。

例えば、上記の為替レート時に100米ドル(110000円)の外貨預金を運用後、円に戻すというときに、円高で110円から100円に動いていますから、同じ100米ドルでも円に換算すると100000円になってしまい、10000円の損が出たということになります。

ですから、外貨預金の場合、払戻しのときには円高の時を回避しなければ、損が出てしまうというものです。

しかし、預入のときに、円高というときですと、反対に払戻しのときに円安となっていたら、為替差益という形で、利益を出すことができます。

外貨預金のタイミングで随分と受取れる額が変わるということです。

円高は、外貨預金の預入のときで、払戻しのときではないということです。
耀