外貨普通預金の金利を考える 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨普通預金の金利を考える 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨普通預金の金利を考える

外貨預金は、円預金に比べ金利が高くなっているのが特色です。

円預金に預けたとしても金利の期待は全くできません。そこで、金利の高い外貨預金へということですが、外貨普通預金は通貨によって、金利が違ってきます。

外貨預金というと、米ドルやユーロが一般的ですが、実は他の通貨の外貨普通預金と比較あまり金利が高くありません。

米ドルやユーロの為替レートはニュース等普段目にすることが多いですが、NZや南アフリカランドの方が外貨普通預金金利が高いのが現状です。

ただし、銀行によっては、ランドなどの外貨普通預金を扱っていない場合がありますので、比較しようもないですけれど。

外貨普通預金には、お金の出し入れ時に手数料がかかります。この手数料に関しては、米ドルやユーロが比較的安いです。

金利と手数料、+と−の関係なるわけですが、その他に外貨預金の場合、為替レートによる損益も関係してきます。

為替レートの読みができるもの、金利が高いもの、短期ですばやく利益にしたいものと目的は様々で利用できる外貨普通預金

何を重点に考えて、どの通貨で外貨普通預金をするか、ですね。
耀