外貨預金と外貨MMF 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金と外貨MMF 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金と外貨MMF

外貨預金外貨MMF。どちら外貨商品ではありますが、中味はぜんぜん違うものと考えるべきだと思います。

外貨預金は、円を外貨に換えて預金をするものですし、外貨MMFは、海外の投資信託会社によって外貨で運用される公社債投資信託です。

預金と投資信託との違いがあります。

外貨MMFの購入や売却に適用される為替レートは、外貨預金に適用されるTTS/TTBとは異なり、為替手数料が小さくなっています。

外貨MMF外貨預金と比べて、為替手数料が小さい、いつでも解約できるのに外貨普通預金よりも高金利、為替差益は非課税、など外貨預金よりも有利な外貨商品であるということができます。外貨投資の初心者の方に適しているでしょう。

手数料の面においては、外貨預金はどうしても割高になってしまうという部分はありますが、為替差益を狙って、為替相場を読んでいれば、金利+為替差益も受け取れます。

外貨MMFは、投資商品であり、外貨を購入しているわけではありません。このため、外貨MMFで得られた分配金を外貨で受け取ることは出来ません。

外貨預金と比べるとメリットの多い外貨MMFですが、この点は外貨預金と大きく異なります。外貨での使用を考えている場合は、外貨MMFは避けましょう。
耀