外貨預金の税務上の取扱について 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の税務上の取扱について 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の税務上の取扱について

外貨建て項目のうち、期末時換算法によることとされているものについては、決算時の為替相場で換算替することが必要となります。

外貨建て通貨、外貨預金および外貨建て金銭債権債務の期末の会計処理及び税務上の取り扱いの説明です。

外貨預金及び外貨建て金銭債権債務について、税務上の換算方法として発生時換算法を採用した場合、会計上の評価と税務上の評価が異なることとなり、申告調整が必要となるので注意が必要です。

外貨預金の短期の場合の税務処理は期末時換算法または発生時換算法、長期の場合の税務処理は発生時換算法または期末時換算法になります。

会計上、時価のあるその他の有価証券を部分資本直入法によって処理した場合は、評価差損が費用計上され、発生時換算法によるべきこととされている税務との間にかい離が生じるため、申告調整が必要となります。
耀