外貨建預金の税金について 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨建預金の税金について 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨建預金の税金について

皆さんの中にも、ドルやユーロなど外貨建預金へ資金をシフトしている方が多いのではないでしょうか。
株式相場が低迷していますので、外貨が一筋の光と言ったところだと思いますが、いくつか気をつけるべき点があります。

まず、税金についてです。
外貨建預金の金利部分については、通常の円預金と同様に20%の源泉分離課税となっていますが、元本部分については異なります。
外貨建預金の元本部分の為替差益については、原則として雑所得として課税され、確定申告が必要となります。(例外的に、給与収入が2000万円以下で雑所得の合計が20万円以下であれば、課税されません。)

例えば、1ドル110円の時に2万ドル(220万円)を外貨定期預金に預け、現在の1ドル130円で満期を迎え円貨に戻した場合には、元本部分は260万円になり、差引40万円の利益が出ます。

この場合には、外貨建預金の為替差益が20万円を超えますので、他の雑損失などがなければ確定申告をすることになります。
なお、確定申告により課税される税率は、個人の所得により変わります。

外貨建預金で課税されるのはあくまでも円貨に戻した場合ですので、外貨のまま持ち続けていれば、課税はありません。また、外貨のまま海外で消費という手もありますね。
耀