外貨預金と外貨MMFを比較しよう 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金と外貨MMFを比較しよう 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金と外貨MMFを比較しよう

外貨預金と外貨MMFは何が同じで何が違うのでしょうか?

外貨預金とは、外貨での預金をいいます。

外貨MMFとは、外貨の通貨で、主に国債等の安全性の高い債券に対して投資を行う投資信託をいいます。

まずは預金と投資信託の違いですね。

外貨預金も外貨MMFは、様々な銀行で扱っていますので、大手銀行ならば、どの銀行でも預け入れることが可能ですし、両方ともどの通貨で預け入れるかを決めなければいけません。

外貨MMFは、商品性としては外貨預金とほとんど変わりませんが、メリットとして、外貨MMFは、外貨預金に比べ、為替手数料が安いことが多いこと、外貨預金に比べて利率が高いこと、いつでも換金できること、為替差益が非課税です。

デメリットは、引き出すためには、一旦円貨に両替しなければいけないことが多い、為替差損を他の所得と通算できないことです。

外貨預金も外貨MMFも外貨を扱うという面で、元本割れなどのリスクはありますが、普通の預金に比べると、金利は高くなっています。
耀