外貨預金と投資信託 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金と投資信託 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金と投資信託

外貨預金投資信託の違いを考えてみましょう

外貨預金とは、その名の通り、ドル、ユーロ等の日本円以外の通貨での預金をいいます。

外貨預金からの収益をあげる方法は、為替変動による収益です。例えば、ドル建ての預金を行う場合、ドル安時期に外貨預金を行い、ドル高時期に外貨預金を解約すれば、それだけで利益が得られます。

外貨預金は預金ですから、当然利息を受け取ることができます。

一方で、外貨預金をする上では、為替変動による損失には注意しなければいけません。為替レートの変動具合によっては、元本割れする可能性もあります

投資信託とは、投資の専門家に資金を預け、専門家に運用してもらう仕組みのことをいいます。

そのため、主に株式に対して投資を行う投資信託の場合には、株式に対する投資リスク、外債に対して投資を行う投資信託の場合には、外債に対する投資リスクを負うことになります。

なお、投資信託は、通常は、投資額以上の損失を受けない商品設計にすることが多いと思います。

投資信託のメリットとしては、少額で簡単に分散投資の効果を得ることができます。

一方で、投資信託のデメリットとしては、手数料が割高になる、という点が挙げられます。

投資信託を購入・保有・売却する過程で、様々な手数料が徴収されます。
耀