特約付外貨定期預金のからくり 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

特約付外貨定期預金のからくり 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

特約付外貨定期預金のからくり

特約付外貨定期預金についてですが、高金利な定期預金であることは間違いないです。

特徴として、満期時に円安になっていれば円建てで、円高になっていれば外貨建てで元本が戻る点です。

通常の外貨預金と違い、円安になっても為替差益を得られないし、円高になっていれば含み損を抱えてしまいます(元本割れ)。

それでも特約付外貨定期預金が人気を得ているのは、表示金利が比較的に高いためです。満期3ヶ月もので現在約5%(年率換算)と、通常の外貨預金より2%ほど高いからです。

特約付外貨定期預金の実態は、円高になればドルに転換される可能性がある円預金、円に転換されうる外貨預金の形をした商品もあります。

通貨オプションというデリバティブ取引が組み込まれており、預金者は気づかないまま、為替相場の予想を競い合う取引に参加していることになります。

特約付外貨定期預金に預け入れ時に決まる判定レートよりも円高なら、含み損を抱えたドルを相手から受け取らなければならず、預金者にとっては負けになります。

リスクをとる分、事前に相手から一定の「オプション料」を受け取ります。オプション料の分、表示金利が高くなるわけです。

特約付外貨定期預金といっても、普通の定期預金とは考えず、リスクのある預金とかかったほうがいいようですね。
耀