外貨預金 ユーロの場合は? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金 ユーロの場合は? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金 ユーロの場合は?

円をドルやユーロに換えて預金をすることを外貨預金といいます。

取扱う外貨は、金融機関ごとに異なりますが、ドルやユーロに関しては、大体のところが取扱っていると思います。

外貨預金の最大のメリットは、国内金融商品にはない高金利でしょう。ユーロの場合ですと、1%前後の金利となります。

また、外貨預金の魅力はもう一つ。為替変動による為替差益があります。
たとえば、1ユーロ100円のときに、ユーロを5000ユーロ分(日本円で50万円分)買い外貨預金をして、1ユーロ120円のときに、円に替えた場合、60万円となり、為替差益分だけで10万円増えたことになります。

しかし、このときに、1ユーロ90円になってしまったら、為替差損として50万円が45万円になり、5万円の元本われというデメリットも同時に持ち合わせています。

外貨預金は為替レートに為替手数料が含まれているのが一般的です。

ユーロの場合、円→ユーロユーロ→円にする手数料は1ユーロあたり往復で3円が一般的ですが、為替手数料は、銀行ごと、通貨ごとに異なるのでチェックが必要です。また、外貨預金は預金保険の対象ではなく、1000万円以下でも保護されないので注意しましょう。
耀