外貨預金のリスクを考えよう 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金のリスクを考えよう 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金のリスクを考えよう

低金利の日本の円預金よりも、高金利の外貨預金なので、受取額が期待できます。

円預金と外貨預金のしくみは同じですが、外貨を扱うところで、為替相場のことは外せません。

外貨預金は為替相場の変動により、金利+為替差益で高い利回りが期待できます。
しかし、相場が不利に動いた場合、為替差益が生じ、受取額の減少というリスクがあることを知っていなければなりません。

円預金にはないリスク外貨預金には隠されています。

リスクというにはオーバーですが、円預金にはない手数料が預け入れ、受取時にかかります。
大体1米ドルあたり2円前後の金融機関が多いようです。
受取額がマイナスになるという面ではリスクになりますね。

リスクを背負っての外貨預金運用ですが、高い金利や為替相場を上手に乗り切れば、円預金よりもずっとお得な預金です。

外貨預金は預金保険の対象外となりますので、金融機関が倒産した際の保証もありません。
コレもリスク
耀