外貨預金とFX 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金とFX 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金とFX

外貨預金FX。何かと比較対照になりますが、どこが違うのでしょうか?

預金である外貨預金は、外貨で預ける預金であり、普通預金と定期預金があります。
円預金と仕組みはほとんど同じです。
FXは投資ですから、保証金を払い外貨の取引をすることです。

外貨を扱う以上、為替手数料がかかります。これは外貨預金FXも同じですが、1ドルにつき、外貨預金は0.2〜2円、FXは0.1〜0.2円となっています。

外貨預金のよさは円預金よりも高い金利にあります。
FXについても、金利の面ではスワップ金利や自分で取引を選択できるなどの利点は多いですね。

でも、最大のリスクの問題で、外貨預金は銀行等に預け、為替レートを見つめつつ、為替差益が得られるときに解約という形を取れること。FXにあるレバレッジの存在もなく、危険が極めて少ないといえます。

大きく損をしたくないという場合は、外貨預金ですね。
博打性、一気に儲けたいと思われる方については、FXの方が、リスクを承知の上でしたらいいかもしれません。
耀