外貨預金の知識を知ろう 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の知識を知ろう 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金の知識を知ろう

外貨預金とは、円を外貨に換えて預けることです。

円をそのまま預けるいつもの預金との違うので、外貨預金知識をおさえておきましょう。

まずは金利の知識から。

外貨預金の金利は、その通貨を発行している国の金利水準が反映されます。
各国の金利水準は経済情勢等により異なるため、円預金とは異なる動きをします。

円預金にはない手数料が外貨預金にはかかってきます。
手数料の知識をおさらいしましょう。

外貨預金で適用される手数料らは、為替相場(仲値)には、円貨から外貨預金に預け入れるときの換算相場(TTS)と外貨預金から円貨に戻すときの換算相場(TTB)の2種類があります。

為替相場は常に変動しているということことは、覚えておきたいことです。

利益と損益の知識として、外貨預金は、円高の時に預けて円安の時に引き出すなど、為替動向をつかんでタイミングよく運用すれば為替差益を得ることができます。

逆に、預けた時より円高になった場合は為替差損が生じ、引き出し時の円貨額が預け入れ時の円貨額を下回り、元本割れになる場合もあります。

一番大切な外貨預金知識としては、このリスクをきちんと理解するということです。
耀