外貨定期預金を知ろう 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨定期預金を知ろう 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨定期預金を知ろう

外貨定期預金は、外国の通貨に交換して一定金預けたままにしておく預金のことです。

外貨定期預金は、外貨普通預金に比べ、一般的に金利が高く、金利プラス為替の差益が期待できる点が大きな魅力で、預入れ時より円安になると受取り額は多くなります。

為替差益というのは、預入れ時よりも為替相場が満期時に「円安」に動いたため、円に戻した元本が多くなった場合をいいます。

また反対に、為替差損といいのは、 預入れ時よりも為替相場が満期時に「円高」に動いたため、円に戻した元本が少なくなった場合をいいます。

外貨定期預金では、円貨を外貨に替えるレートと外貨を円貨に替えるレートにはそれぞれ所定の外国為替手数料がかかります。

外貨定期預金満期時の対応方法として、為替差益が発生している場合は、円預金に預け替え、収益を確定しますが、為替差損の場合は、円安を期待し、そのまま外貨定期預金で運用するという方法もあります。

超低金利時代の現在、外貨定期預金は利率が円預金よりも高いうえ、為替差益も期待できるという魅力がある反面、為替相場の変動により為替差損が生ずるリスクもあるのでご留意ください。
耀