外貨預金とは? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金とは? 外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金とは?

外貨預金とは日本のお金ではなく、ドル・マルク・ポンドなど外貨建てで行う預金のことで、海外の銀行だけでなく、国内の銀行・信用金庫等でも取り扱いがあります。

普通預金・当座預金・通知預金・定期預金の4種類があり、仕組みは日本と同じですが、
金利などは各通貨の本国の金利水準が反映されるのが特徴です。

外貨預金のメリットとしては金利が高いことです。

日本は今、銀行の金利が低くほとんどつかない状態ですが、外貨預金の金利は高金利でとても魅力があります。

その反面、デメリットはリスクが伴うことです。

通貨の買い時にかかる為替手数料、売るときにかかる手数料が高いので、頻繁に売り買いすると元本割れになることもあります。この辺は株と似ていると思われます。

また、為替変動のリスクは、円と外貨の為替の相場が時々変わるので、外貨預金のメリットにもデメリットにもなります。

外貨預金をはじめるのにオススメな銀行は、シティバンク、ソニーバンクになります。
どちらも為替手数料が安いので、はじめて挑戦する人にはとっても魅力的です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5686850

この記事へのトラックバック
耀