外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨預金で定期・普通金利の外貨預金投資術

外貨普通預金の金利を考える

外貨預金は、円預金に比べ金利が高くなっているのが特色です。

円預金に預けたとしても金利の期待は全くできません。そこで、金利の高い外貨預金へということですが、外貨普通預金は通貨によって、金利が違ってきます。

外貨預金というと、米ドルやユーロが一般的ですが、実は他の通貨の外貨普通預金と比較あまり金利が高くありません。

米ドルやユーロの為替レートはニュース等普段目にすることが多いですが、NZや南アフリカランドの方が外貨普通預金金利が高いのが現状です。

ただし、銀行によっては、ランドなどの外貨普通預金を扱っていない場合がありますので、比較しようもないですけれど。

外貨普通預金には、お金の出し入れ時に手数料がかかります。この手数料に関しては、米ドルやユーロが比較的安いです。

金利と手数料、+と−の関係なるわけですが、その他に外貨預金の場合、為替レートによる損益も関係してきます。

為替レートの読みができるもの、金利が高いもの、短期ですばやく利益にしたいものと目的は様々で利用できる外貨普通預金

何を重点に考えて、どの通貨で外貨普通預金をするか、ですね。

外貨預金、円高の時にすべきこと

外貨預金にとって、円高になるとどういう影響があるのでしょうか?

円高になるということは、為替レートが1米ドル110円から100円に動いた場合、さっきまで1米ドルは110円を支払わないと買えませんでしたが、今では100円払えば買えるということで、ドルの価値が安くなって、円の価値が高くなったということです。

例えば、上記の為替レート時に100米ドル(110000円)の外貨預金を運用後、円に戻すというときに、円高で110円から100円に動いていますから、同じ100米ドルでも円に換算すると100000円になってしまい、10000円の損が出たということになります。

ですから、外貨預金の場合、払戻しのときには円高の時を回避しなければ、損が出てしまうというものです。

しかし、預入のときに、円高というときですと、反対に払戻しのときに円安となっていたら、為替差益という形で、利益を出すことができます。

外貨預金のタイミングで随分と受取れる額が変わるということです。

円高は、外貨預金の預入のときで、払戻しのときではないということです。

外貨定期預金と為替の関係

外貨商品の中でも、外貨で預金をする外貨預金。その中でも、外貨定期預金は、普通預金に比べて金利が高いのが特徴です。

外貨定期預金とは、あらかじめ満期日を定めて行う預金のことです。

円預金よりも高金利が期待できる外貨定期預金ですが、円預金よりも不利なこともあります。

その不利なこととは、為替手数料がかかってしまうこと。円から外貨へ、外貨から円への交換の際に、1米ドルにつきいくらというような為替手数料が生じます。

それと、為替の動向で受取額の変わる外貨定期預金ですから、為替の動向によっては、受取額が減ってしまう(為替差損)ということも有り得ます。

預金保険の対象外であることと、外貨定期預金は原則として途中解約ができないことにも注意しましょう。

外貨定期預金はリスクが多いですが、外貨定期預金の魅力は高金利は、為替の波にうまく乗れたときの為替差益。

これを手にするため、外貨定期預金、始めませんか?

郵便局で外貨預金を

2007年10月日に誕生した日本郵政グループ。民営化されることで今後は投資信託や外貨預金など、商品ラインナップが充実します。

これまでは両替サービスのみだった郵便局ですが、2008年半ばをめどに外貨預金もスタートする予定です。

郵便局は、すでに始まっている投資信託の取り扱いと併せて、今後は外貨投資の窓口のとしての役割も果たしてくれそうです。

ネットで、外貨商品もできる時代ですから、今更郵便局?という感じもしますが、地方などでは、大手の銀行が存在なく、窓口での外貨預金などの相談ができないという状態にあります。

郵便局なら日本全国津々浦々どこにでもありますから、窓口での対応ができるということです。

外貨預金が、気軽に郵便局でできれば、今まで外貨預金を知られていなかった層にも広がりを見せると思います。

規模が大きな郵便局での外貨預金の扱いが始まるのが楽しみです。
耀